黒酢にんにくでみなぎるパワー~健康の秘訣は健康食にあり~

サプリメント

摂取の方法に注意

食材

特徴がためになる

野菜の栄養素の特徴は、体を整える栄養素が多いということです。体を整える栄養素とは、ビタミン、ミネラルなどのことです。健康のためには野菜を食べればいいと思っている人が多いですが、それだけでは体を作るには足りません。体を作るのに必要なタンパク質などは肉や魚、豆類に含まれていますし、体を動かすエネルギーとなる糖質などは米、パン、麺などの炭水化物に多く含まれています。現代社会においては、炭水化物やタンパク質、脂質などは摂りすぎてしまうことが多いため、意識して野菜を摂るようにするほうがいい、という意味でいわれているのです。とはいっても、どのくらいとればいいのかわからないという人もいるかもしれません。イメージとしては、肉や魚などのタンパク質の倍量を摂るようにしてください。生野菜ではとても多く感じるかもしれませんが、火を通すとぐっと嵩が減るので食べやすくなります。

把握しておこう

野菜に含まれる各種ビタミンやミネラルなどの栄養素は、加熱すると失われやすいという特徴をもっています。かといって、生野菜を大量に食べるのは大変ですし、余りに大量の生野菜は体を冷やす恐れもあります。そんなときにおすすめしたいのがスープなどの汁物にすることです。ビタミンは水に溶けるものが多いため、ただ茹でただけだと流出してしまいますが、汁物ならばまるごと摂取でき無駄がありません。また、体を暖めてくれ、いろいろな種類の具をとることもできます。あるいは、ミキサーで果物や牛乳、豆乳などと葉野菜を混ぜて自家製野菜ジュースを作るのも簡単に野菜を摂取するのによい方法です。市販のものは糖分などが加わっているので、自分でつくるほうがよりヘルシーです。

Copyright© 2015 黒酢にんにくでみなぎるパワー~健康の秘訣は健康食にあり~ All Rights Reserved.